キャッシングとローンの違い

キャッシングとローンとは酷似していて混同されて使ってしまう人もいますが、本当はちがいます。
キャッシングとローンの違う点を説明します。キャッシングは自分が借りたお金を翌月の返済期日に1回で返します。

ローンは借りたお金を数回に分割して少しずつ返していきます。

給料が入るまでの間に合わせ的にキャッシングを利用することが度々あります。
キャッシングにおける審査では、主に属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報といった項目をチェックします。

こういったベーシックな情報を確認して、当人の返済能力を判断することになります。申告する内容に偽りがあると、審査は通りません。既に限度を超えてお金を借りていたり、信用できない情報があると、キャッシングの審査に問題が出てきます。カードを利用して現金を借りるとは民間の金融機関などから少ない金額の融資を自分がしてもらうことです。

たいてい、借金をしようとすると保証債務を負う人や不利益についての 補填がいります。だけど、カードなどでお金を借りる場合は保証債務を負う人や補填を最初に準備するやらずにすむのです。本人かどうか確かめることのできる書類があれば、基本的に資金を融とおして貰えます。借入の適否調査では、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報などの項目の確めをおこないます。これらの基となる情報を確認して、返済するアビリティがあるかを判定をするのです。

申し出た情報に嘘があると、ジャッジメントに落ちてしまいます。

ローン払えない

既に借金をし過ぎていたり、問題な情報があると、借入の審査に通過しない可能性高いです。キャッシングを利用した後3ヶ月返済が滞ると、裁判で手つづきをしなければならなくなります。との文章(読む能力と書く能力は全く違うなんていいます)が掲載された書面が自宅に届きます。

返済をしなくても、電話をかけてくるだけなので、つい無視を決め込んで返済を遅らせてしまいます。しかし、書面に裁判をいう文字があると、怖くて知らないフリはできません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ